つぼ単価とレーシック
つぼ単価とレーシック
ホーム > 血糖値 > インスリンが必要になる理由

インスリンが必要になる理由

治療の手段の一つであるインスリン注射は膵臓が傷ついたことで、インスリンがきちんと分泌されなくなったため、外部から補い血糖値が基準内での安定を維持するためのものです。

でも血糖が改善されると、膵臓がインスリンを作りやすくなり、注射の量や回数を減らしたり、のみ薬だけの治療も不可能であるとは言い切れません。

血糖値が高ければおしっこの量と回数が多くなります。

また通常では体内にあるべき水分がおしっことして大量に出ていくために脱水状態になりやけに喉が渇くようになります。さらにエネルギーを生み出す糖が使用されないことにより食べても食べても痩せてしまったり空腹を感じやすくなったり、体が重くだるさを感じるようになります。

 

血糖値を制御するのに良いと言われているのは食物繊維です。食物の中にある糖は胃や腸の消化器官から吸収されて血液の中に入っていきますが、食物繊維が糖の回りにくっついて吸収時間を遅らせたり、便と共に糖を体外へ放出するお手伝いする働きがあるため、血糖値が急激に上がるのを防いでくれるのです。ただ、食べる量を減らせばいいというとそれはまた違います。

 

1日の行動に見合ったエネルギー量は体の大きさや活動する量によって人によって変わります。

 

すなわち、自分に合った総エネルギー量を合計してみて日々の食事が個人の最適なエネルギー量をを認識する必要があります。

 

お店で食事を済ませる際は糖質の多い麺類や丼ものなどは控え、さっぱりした和定食がお勧めです。

 

また、断れない付き合いでアルコールを摂取しなければならないシーンもあるでしょう。血糖値をサプリで下げるには

そういった場合には、カロリーオフ、糖質ゼロタイプのものなどを選び、飲む量に注意しましょう。